学生時代にチーム医療を意識する

今の大学など、医療の教育環境はとても良い状況になっています。
校舎は新しく、講義室も利便性が良いところが多いようです。
実習室なども広く使い勝手が良いところが多いようです。学生にとっては勉強するのに最適な環境ではないでしょうか。

医療専門の大学では、それぞれの専門分野を超えての交流や、支援も勉強の一環として学んでいきます。
ここで学ぶ垣根を越えた医療は、実際の医療現場においても必要なものになってきています。
今までのように他の診療科とは分け隔てて考えるのではなく、トータルでのケアといった方向性に変わってきているからです。

例えばがん患者の場合、外科手術が必要であっても、その後は放射線治療なども必要になってきますし、
なにより患者の精神状態の安定をはかったり、また不安を取り除くために精神科の協力も必要になります。
このようなチームでの治療というものが、近年ではかなり注目されていて、取り入れている医療機関も多いようです。
専門診療科は違っていても、目的は同じですからリーダーがしっかりとしてれば患者も安心して難しい治療にも耐えることが出来ます。
何より大切なのは患者の信頼を得ることですから、チームワークがしっかりとして、常に情報交換がされることで、
病状に合わせての方向性を定め直すことなどがスムーズに出来れば尚、治療の効果は高くなるのではないでしょうか。

学生の時点で、チーム医療を意識することで就職先の視野が広がります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Powered by http://wordpress.org/ and http://www.hqpremiumthemes.com/